複数タスク登録によるマルチタスク【STM32とFreeRTOS】

登録した 2つのタスクを同時に実行させるサンプルプログラムです。RTOSを使用するとまったく異なる内容の処理を同時に実行させることが容易に実現できます。RTOSではサンプルプログラムにあるように簡単な記述でいとも簡単に実行できてしまいます。

めかのとろ

RTOSを使用するとまったく異なる内容の処理を同時に実行させることが容易に実現できます。これと同じことをRTOSを使わずに実行するのはほぼ無理で、時間の無駄であると考えます。RTOSではサンプルプログラムにあるように簡単な記述でいとも簡単に実行できてしまいます。

めかのとろ

2つの処理を行うために2種類のタスクを登録して、1つ目のタスクではLED点滅を1000ms毎に、他方のタスクでは500ms毎に行うプログラムです。

めかのとろ

RTOSを使用しない場合は、これまでは処理のサイクル期間を設けるためにdelay_ms関数を挿入していましたが、FreeRTOSではvTaskDelay関数で設定できます。タスクの実行周期を簡単に設定できることもRTOSを使用する大きな利点です。

RTOSマルチタスクアプリ

Follow me!